教育ローンを利用すれば学費の心配がいらない

高校や大学、専門学校など、日本には義務教育以外で学ぶことができる学校がたくさん存在します。より高度な勉強をしたい時や、就職で有利になるように、これらの学校へ通う学生が大勢いますが、学校へ通うには、多額の学費が必要になります。
特に大学の場合には、その費用は高額になりがちです。高い学費をすぐにおさめることが難しい家庭は多いため、教育ローンがよく利用されています。住宅ローンなどと同じ仕組みであり、一旦銀行などが利用者の代わりに費用を立て替え払いを行なってから、利用者に対して月々の返済を求めるというものです。
このローンを利用すれば、学費の高い学校に通うことになっても、学費の心配をすることなく学生生活を送れるようになります。
月々の返済は学生生活を送っている間は手数料のみの支払いで、学生生活を終えてから元金の返済をスタートするタイプも存在します。この方法であれば、月々の負担が少なくなるため、返済がしやすいというメリットがあります。
教育ローンは国の他、銀行などの金融機関で取り扱っていますが、信販会社などでも取り扱っている例が目立ちます。使い勝手のよいサービスを利用するのがよいでしょう。

審査が厳しいのがネック

勉強に専念したい学生本人や家族にとって便利な教育ローンですが、基本的に審査が厳しいのがネックとなります。
審査に厳しいのは、目的以外には使えないローンである代わりに、低金利で利用できる点があります。基本的にお金を借りれるサービスというのは、低金利であるほど審査が厳しくなります。
教育ローンで最も低金利なのは、国が提供するものです。収入が少ない家庭でも、借りやすいという魅力がありますが、一定以上の収入があると、途端に申し込み条件にあわないと判断され、審査に落とされる厳しさがあります。
民間の教育ローンには収入の上限はありませんが、その代わりに収入が低い人には審査が厳しくなる傾向にあります。
このローンは子供を学生として学校に通わせるために、親が契約者になる例が多いのが特徴です。民間のサービスでは、学生本人が契約をするのはかなり難しくなっています。学生ではアルバイト収入しかなく、卒業後も安定した収入の望める職業に就けるという保証はどこにもないからです。
国にしても民間にしても、多額の融資になりがちな教育ローンは、親にある程度の収入がなければ、利用が難しいことをよく知っておくことが重要になります。

教育ローンがだめならカードローンに申し込もう

審査が厳しい教育ローン以外で、お金を借りれる手段は用意されています。それはカードローンを使うことです。
カードローンであれば、学生本人が申し込んでも、割と借りれることが多くなっています。
しかし、高い学費を一括払いしなければならない時には、カードローンの借入額が高額になりますので、アルバイト収入の学生本人では、審査が厳しくなる恐れがあります。
その場合には、安定した収入がある親が契約者になれば、多くの借入ができる可能性が高くなります。ただし、ある程度の収入が望める、正社員や公務員の立場の親であることが条件になります。
アルバイトやパート勤めの親であると、借りれる金額が低くなる恐れがあります。自営業の人は収入が多くても安定しているとはいい切れませんが、業務によっては多くの借入額が認められる可能性がありますので、恐れずに申し込むようにしましょう。
カードローンの返済方法は、教育ローンのように通学中は手数料の支払いのみで構わないという手段は存在しません。元金と手数料を合わせた返済を月々行なっていく必要があることを、よく覚えておいてください。また、返済が長引くほど手数料が増えやすい事実も知っておきましょう。

即日発行なら素早く現金で借りれる

カードローンの魅力は、なんといっても自由にお金を借りれる事実です。目的を問われないキャッシングサービスですので、学費だけでなく、ショッピングや旅行、車関係の支払い目的でも自由に借りられます。
できるだけ早く借りれる方法として、自動契約機を使った即日発行があります。通常、ローンカードは郵送されるケースが多いですが、自動契約機ならその場でカードが即日発行されますので、郵送のような待たされるデメリットがなくなります。
即日発行された後は、すぐにATMで現金を借りられます。ATMは提携先のものに限られますが、即日発行してくれる自動契約機のすぐ側にATMが設置されている例が多いですので、それを使えばあっという間にお金を借りれる便利さがあります。
自動契約機は大手消費者金融や、一部の銀行が用意しています。道路脇に無人の店舗がよくありますので、使いやすい店舗に向かい、申し込みを済ませるとよいでしょう。
審査にかかる時間は、最短で30分のところがほとんどです。さほど待たされることなく、申し込みからカード発行まで行なってくれますので、上手に利用してみてください。
自動契約機以外では、ネットや電話、店頭窓口などで申し込みを受け付けてくれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加